「起業したいけどアイデアが無い」人のための2つの起業アイデア発想法

2019年9月14日

将来いつかは起業してみたい。独立して何か成し遂げてみたい。でもどうやって起業しようか、どんなビジネスで起業しようか。アイデアが浮かばない。

そんな方へ。

どうしたら起業アイデアが生まれてくるか。その発想法を考えてみました。
僕自身の経験を踏まえつつ、解説していきます。

目次

スポンサーリンク



起業アイデアがない人のための起業アイデア発想法

起業アイデアが思い浮かばない、無い人のための起業アイデアの考え方、発想法なんですが。

ぶっちゃけて言えば、ちょっとそれなら今はやめておいた方がベスト、だとは思います。

そうですね。

と思われるのでしたら、寂しいですが、そっと「戻る」ボタンを押してください。。。

 

それでも、何かしら、起業したい、独立したいというのであれば、この先もどうぞ。

それでも何かで起業したい方のために

絶対起業したい!

という方でアイデアが無いなら、

  • 自分の得意なこと・好きなことで起業する
  • 既にあるビジネスモデルを真似する

この2つのどちらかですね。

それぞれについて深掘りしていきます。

2つの起業アイデア発想法

前述の通り、繰り返しますが、ビジネスを考える、起業アイデア発想方法としては

  • 自分の得意なこと・好きなことで起業する
  • 既にあるビジネスモデルを真似する

この2つのどちらか…。

自分の得意なこと・好きなことで起業する

自分の得意なことや好きなことってありますよね。

ちょっと前のYoutubeのCMじゃないですけど「好きなことで生きていく」のようなことですね。

これまでの自分の経験や好きなこと、得意なことを土台にしてビジネスモデルを考えて起業してみてはいかがでしょうか。

好きなことや得意なことであれば、思い切り情熱を持って起業して勢いでなんとかできてしまう場合もあるのかなと。

しかしながら。。。

あくまでも、熱量を持ってできないと難しいとは思いますが

飽き性だったり、いろんなことに興味を持ちやすい好奇心旺盛なタイプだと気が散ってしまうので。

僕もいろんなことに興味が向いてしまう方なのでよそ見しないようにしつつ、自分の時間で発散するようにしています。。
新しくそれで得た有益な経験は本業のビジネスにフィードバックすることにすれば、一石二鳥になるかなと思ってます。

情熱を持ちつつ起業するも

熱心になると、没頭してしまって、マネタイズを忘れてしまったり、予算以上にやり込んでしまったりすることもあるかもしれません。

好きなこと、得意なことで起業するからこその悩みも必ず出てきます。
そういったときにも折れずに続ける強い気持ちが必要かなと。

そして仮に失敗しても続けていく。
形を変えても生かしていくことができると思いますね。

既にあるビジネスモデルを真似て起業

既にあるビジネスモデルを真似て起業することは割と失敗が少ないかなと。

世の中に完全に競合のいないブルーオーシャンな市場は全くないと言って良いほどないです。

それよりもある程度市場が成熟していて、常に需要と供給バランスが成り立っているレッドオーシャンのようなビジネスモデルを真似て起業する方が安定感はあるかと思います。

チェーン店のフランチャイズに加盟するとか、ネット系ならせどり、転売、アフィリエイト、Youtubeとかですね。

ある程度ビジネスモデルが確立されていると、何をしていけば良いのか、ググればすぐわかります。
特にフランチャイジーとして起業するとフランチャイズ本部がサポートしてくれたりするので、まあまあ安心ですね。

興味のあるモノを探す

今世の中にあるビジネスの中で自分が興味のあるビジネスを探せば良いだけですね。

その仕組みをよく研究して、どんな商品・サービスを売っていて、お金をもらうタイミングはいつなのかとか、人の配置はどうなっているのかとか。

極端な話、従業員としてその業界に転職して、お金をもらいながら仕組みを学ぶのも手段としてはありですね。

ブームや流行りモノは要注意

ブームや流行りモノのフランチャイズに加盟するのはちょいと要注意です。

そのブームや流行が終わってしまうとそのビジネスモデル自体が破綻する可能性があるから。です。

とはいえ、優れたビジネスモデルのフランチャイズは将来伸びる可能性もありますし、コンビニとかはもう社会インフラですからね。当たればでかいですね。

フランチャイズにすっかなーって方はとりあえず資料請求してみたりするといいかもしれません。
>>日本最大級のFC募集情報サイト【フランチャイズ比較ネット】
>>【無料】フランチャイズサポート厳選!オススメFC【資料請求】

起業するアイデアは自分次第

起業アイデアがないならば、自分の経験や興味のあること、好きなことで考えてみるといいと思いますね。

それでいかにお金に変えられるか。

お金を得られるような仕組みを作れるか。

これを考えるといいのではないでしょうか。

 

はい、今回はこの辺りで。

失礼しまーっす。

 

スポンサーリンク

起業

Posted by トモヒロ