【起業アイデア】パソコン一台で起業する。ネットビジネス編!【副業にも最適】

この記事は約10分で読めます。

どうも、トモヒロです。

ネットビジネスって、どんなのがあるのだろうか。本当にパソコンだけあればできるの?
などやったことがないとよくわからない世界だと思います。それにそんなにうまい話があるわけないじゃん。怪しい。と思うと思います。

僕自身、フリマサイト転売、FX、アフィリエイトなどいくつかネットビジネスをやってきました。

正直、最初は僕も怪しいなと思っていましたが、ネットを使ったビジネスは今ではかなり広がっていて、パソコン1つで月1000万円以上稼ぐ人もいる位です。うまくいけばそれだけで独立するということも可能な世界です。
起業のアイデアとしてのネットビジネス、そしてどんなものがあるのかなど解説していきます。

スポンサーリンク

パソコンひとつで起業する。ネットビジネスとは?

最近の副業解禁などの流れで、パソコンひとつで稼げるネットビジネスにはかなり注目が集まっていますよね。

ネットビジネスとは、インターネットを利用して収益・収入を得るビジネスの事で、その方法や手段は様々です。

副業としても、とても取り組みやすいものが多く、ほとんどがあまりお金をかけずに始められる、といったメリットがあります。

ネットビジネスにはどんなものがあるのか?

  • 転売
  • 商品販売
  • クラウドソーシング
  • Youtube
  • アフィリエイト
  • 株式・FX・仮想通貨

などなど。

僕が今実際に実践しているのはYoutube、アフィリエイト。過去にやったことがあるのはFX、フリマサイト転売。

ネットビジネスでの起業アイデア

ネットビジネスで起業しようという方のために、実際にどんなことをするのかなどを解説していきます。

転売ビジネス

ネットビジネスの入り口になりやすいのが、この転売です。

大抵の場合、身の回りにある不用品をフリマサイトやオークションサイトで販売することから始める人が多いですね。

主な手法としては

  • 自分の不用品をフリマサイトやオークションサイトで販売
  • フリマサイトで買ってオークションサイトで販売
  • オークションサイトで買ってフリマサイトで販売
  • フリマサイト・オークションサイトで買ってネットショッピングモールで販売
  • 実店舗で買ってネットで販売

などです。

国内だけでやっている人もいますし、国外から輸入して国内で販売、逆に国内で仕入れて国外に販売。という人もいます。

転売ビジネスはそれぞれの市場ごとの相場の格差を利用するということです。
この市場の価格差を見つけて商品を買い付けて仕入れ、高く売れる市場でうりさばく。
これが転売ビジネスです。

商品販売

転売ビジネスと似たり寄ったりですが、自分で何か作ったりしたものを販売することですね。

最近ではBASESTORES.jpのようなサイトで無料で自分のネットショップを作ることができるのでかなりハードルは低いと思います。

  • 手芸作品
  • アクセサリー
  • 手作りスイーツ
  • 工芸作品
  • アート作品

など、趣味の延長でも値段が付くものはありますよ。

自分の好きをお金に変えられるというのはとても楽しいことですし、それで誰かが喜んでくれるのは単純に嬉しいですよね。

BASEは僕も自分のお店のショップとして使っていて、使い勝手もいいですし、販売手数料が少々かかりますが、何より利用料が無料というのが最大のメリット。商品販売・物販をしようと考えるのであればおすすめです。

>>おすすめサイト
無料ネットショップ開業【BASE】
驚くほど簡単にオンラインストアが作れる!【STORES.jp】

クラウドソーシング

クラウドソーシングというのは、ネットを介して作業や仕事を受発注する仕組みのこと。

どんな仕事があるかというと

  • プログラミング
  • ウェブデザイン
  • 印刷物デザイン
  • ライティング

などが主な仕事です。

クラウドソーシングのメリットは、普段の仕事の経験などが直接活かせるということ。

本業やこれまで得たスキルなどを生かしながら、収入を得ることができるということです。

クラウドソーシングもこの数年でよく利用されるようになってきていますので、プログラミングやデザイン、ライティングの経験があるならばおすすめできますね。

クラウドソーシングで有名なサイトは

の二つ。

登録するのはどちらも無料でできるので、どんな仕事があるか見るだけでも、まずは登録してみるといいと思いますよ。もちろん僕も両方登録しています(笑)

Youtube

Youtubeもネットビジネスのひとつと言えます。

Youtubeで発信している人はYoutuberと呼ばれて、トップの人たちの収入は年間数億〜数百億円とも言われています。。

特に今年は有名人が参入していて活気付いているのがYoutubeです。

YouTube/動画マーケティングは2020年の必須スキルになる【ほぼ確定】にも書いていますが、市場としてこれから広がることが予想されますし、ネットビジネスはYoutubeを軸にSNSとのメディアミックスをしながらというのがトレンドになりそうです。

見る人も増えていますし、発信する人も少しずつですが増えつつあります。が、しかし、圧倒的に発信する側がまだ少ないので、チャンスがある市場ですね。

ただ動画をアップすれば収益が上がるわけではなく、2018年2月から収益化するためのハードルが設けられ、チャンネル登録者1000人、動画再生時間数4000時間/年という基準がつきました。
これが案外と始めてから達成するまでに時間がかかり、収益化するまではちょっと道のりが遠いかなとも思います。

Youtubeは今の所バラエティ系は飽和状態ですが、ビジネス系やノウハウ系はポジションがありますから、人に教えられるようなノウハウやスキルがある人はおすすめできるかなと思います。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、メールマガジンやブログなどに広告を掲載し、その広告掲載料や商品が売れた際に広告料をもらうビジネスモデルのことです。

アフィリエイトをするためには、まずは広告を扱っているASP(Affiliate Service Provider)に登録、ブログサイトやメールマガジンをつくる必要があります。

アフィリエイトは、本当にパソコン一台あればできるビジネスで、かかってもサイトのサーバー代もしくはメルマガスタンドの利用料程度なので月々1万円以内で始められるお手軽さが人気です。

しかし、アフィリエイトで毎月1万円以上稼ぐ人はほんの一握りで、ほとんどの人が数千円以下というのが現実です。

ブログアフィリエイトの場合は、検索上位表示させるためのSEOの知識が必要だったり、単純に継続的に更新ができなかったりと成功しにくい側面もあります。

アフィリエイトやってみたいなと思うのであれば、

この辺りに登録するといいですね。登録するだけはどこも無料。特にA8.netはサイト内でブログスペースを貸してくれるサービスもありますので、お試しでやってみてもいいかも。
もちろん僕も全部登録済み。ガンガン利用していますw

株式投資・FX・仮想通貨

株やFX、仮想通貨など、金融資産へ投資をして、その価格差や配当などを得る方法。

昔から株や為替は店舗型の証券会社を通じて行われていましたが、今はネット証券会社を通じてスマホやパソコンを使用して売買を行うのが普通になっています。

金融資産への投資をするので、ある程度の元手となる資金が必要です。さらに売買の狙いと逆方向に値が動くと損失となる場合があり元本割れになってしまうこともしばしば。

世界経済や政治情勢などにも左右されますし、テクニックや知識もある程度必要です。

少額で始められるネット証券も増えていますので、やってみてもいいかもしれませんね。

とはいえ、資金がなくなってしまう可能性がありますので、余裕資産で運用することを肝に銘じてくださいね。

国内外様々ネット証券ありますが、

国外FX口座ならXMtrading、国内ならDMM.com証券あたりがおすすめです。

もっぱら僕はXMtradingを使っていましたが、売買ツールもあり、自動売買ソフトも流通しているので使いやすかったですね。

ネットビジネスで稼ぎやすいのは何か?

ここまで紹介してきたビジネスアイデアで結局何が稼ぎやすいか、というところですが、正直どれも難しさはあります。

僕個人的な独断で稼ぎやすいと思うのは

  1. 転売ビジネス
  2. クラウドソーシング

ですね。

転売ビジネス

今回紹介した中で一番稼ぎやすいのは転売ビジネスだと思います。

目に見えて手に取れる品物を販売して収益を得るという、シンプルな仕組みですので、とてもわかりやすいのがいいところ。

まずは身の回りにある使っていない不用品販売からスタートして、要領がわかってきたら仕入れもしていく。

売れる商品をリサーチしながらさばいていく感じです。

転売ビジネスは商売や起業の基本とも言えるノウハウを得ることができますので、起業を考えているのなら、一度試してみることをおすすめします。

僕自身トライしたことがありますが、片手間にやるだけでも、一ヶ月で2〜3万円くらいにはなりました。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、自分のスキルや経験をお金に変えることができます。

これまでの知識経験を生かして、仕事を得ることができ、うまくすれば、継続的に受注することも可能です。

自分の得意なことを活かし、仕事にできればフリーランスとして独立、起業することもできますね。

 

僕の場合は、チラシ、名刺のデザイン、ロゴ制作などのコンペに参加したことがあります。他の参加者が当選することが多くて、なかなかうまくいかないことが多かったですが、そこで得た経験はまた次に生かすことができましたので、良かったと思ってます。

とにかく数をこなす必要がありますが、まず1案件受注することを目標に、トライしてみてはいかがでしょうか。

起業アイデアとしてのネットビジネス

ネットビジネスは比較的リスクが低い

起業したい人にとっての起業アイデアとして、ネットビジネスは割とリスクを抑えてできるビジネスとして、おすすめできるビジネスアイデアだと思います。

株式投資やFX、仮想通貨などの金融投資はリスクが大きいですが、その他のビジネスはフリーランスでも可能なビジネスですし、個人事業でやり始めて、軌道に乗ってきたら、法人化、スタッフを雇って、という成長の道筋も考えられると思います。

広告収入をベースにしたビジネスモデルであるアフィリエイトやYoutubeは、本当にパソコン一つで始められますし、やり方によってはスマホ一つでもOKなので、リスクは皆無とも言えますね。

起業するにあたってなぜリスクを抑えたほうがいいのかについては【経験から話す】起業したいのならばリスクを最小限に抑えるべき。その理由。【オススメ書籍あり】にも書いていますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

ただし継続することが大事です。

何をするのでもそうだと思いますが、継続することがとても大事です。

怠けようと思えばいくらでも怠けられます。

ネットビジネスは基本的に自分発信、能動的に動けるかどうか、が大事なところだと思います。

 

ブログを書いていて思いますが、やらなければやらないでも済みます。しかし、思った収益を得ようと思うのであれば、毎日、せめて数日に1回の更新は必須です。

ひたすら継続してできるかどうか、が収益を得られるかどうかに関わってきます。

 

挫折しても続ける、継続力と、課題を見つけて改善していく力が必要ですね。

 

ネットビジネス、気になったのであれば、起業する前の予行演習くらいに思って、やってみるといいと思います。
今の時代、リアルビジネスを立ち上げるのに必要なスキルがめちゃくちゃ詰まった領域ですので、無駄になることはないです。

僕の場合は、リアルビジネスとネットの掛け合わせで得られた経験や知識は多くあり、控えめに言ってもかなり有益だった、と思っています。
多分この記事を読んでほとんどの人が満足して行動しないかもしれませんが、興味を持ったなら、まず行動しましょ。

では今回はこの辺りで。

 

人気記事 起業独立する時に便利な開業支援サービス3選【面倒な書類を楽チンに】
人気記事 店舗経営者が導入したいキャッシュレス決済サービスまとめ。+おすすめ5選

タイトルとURLをコピーしました