他業種に学ぶ今日からできるヒトコト売上アップ法【購入点数アップ】

2019年5月12日

どうも、トモヒロです。

Free-Photos / Pixabay

売上が上がらず苦戦する日々。

多少勉強をしていても理屈ばかりで実際に何をしたらいいのかわからない。

僕もちょっと前まではそうでした。他の業態や業種を見てみればそのヒントはたくさんあります。
今回は他業種からの洋菓子店にもできる売上アップのお話!

目次

スポンサーリンク



一言付け加えるだけで売上数億円アップ

あるファストフードのチェーン。トップのイメージ写真からご想像がつくかもしれませんけど、バーガーチェーンのM。
きっと一度はあなたも行ったことがあるはずです。

そのバーガー屋はかなり簡単に、一言だけお客としてきたあなたに言うようにマニュアル・ルールを作るだけで、年間数億円の売上アップしているんだそうです。

その魔法の言葉は、必ずレジで言われます。

「○○も一緒にいかがですか?」

聞き覚えがありませんか?

これをレジでお会計の時に一言付け加えるだけ、チョー簡単!
たったこれだけで年間数億円の売上アップですから、すごいと思いませんか?
あなたのお店でも明日から…いや、今日から取り入れられます。

バーガーだけを買ったお客さんに「ポテトも一緒にいかがですか?」「新商品のソフトクリームがオススメです」とレジのスタッフに言われると、
「そうか、それもいいな。たべてみようかな。」
と人は考えてしまいます。すると、「じゃ、それも頼むよ」となり、売上アップできます。

セット売りが売上アップの第一歩

もっと分解して言うと、「売上 = 客数 × 客単価」ですから、
売上を上げるには

客数を増やすか
客単価を増やすか

このどちらかしかありません。

でも客数を増やすのには、チラシを出したり、SNSで広告を書いたりと結構な努力が必要になって長期的に取り組む課題です。

客単価アップが売上アップの第一歩

ということになります。

なんで?と思う方。
現状で毎日の売上に貢献してくれているのは、今お店を使ってくれているお客さんたちのおかげです。

ならば、そのお客さんたちに100円でも多くお買い上げいただければ、売上は伸びます。

簡単に考えて、
A : 1日50客 客単価1500円とすれば、売上は7万5千円です
B : 1日50客 客単価1600円とすれば、売上は8万円です。

1日あたり5000円でしょ?そんなに差はないじゃないか。と思うとバカにできませんよ。
この1日5000円が月換算すればひと月25日営業だとすれば、
A : 187万5千円
B : 200万円

この売上の差は12万5千円。
自分のお店で12万5千円多く稼げたら、どうしたいですか?

セット売りできる商品を考える

一番わかりやすいのが、1個ずつ売っていた商品を3個、5個、10個の詰め合わせを作ること。

なめらかぷりん 1個200円 6個 1200円
マドレーヌ1個100円 10個セット1000円 などなど。
としてポップを書いて、箱に入れて並べておくだけでいいんです。

さらに、ホールケーキのチョコプレートもローソクも、この際100円でいいのでお金をとります。
チョコプレートは手間をかけているのに、お金を取らないなんてもったいないです。
ローソクは、ぜひいろんな種類を揃えて、今までサービスでプレゼントしていたローソクよりも豪華なものを置いて、ここで決めゼリフ

ホールケーキと一緒にローソクはいかがですか

とオススメすると、買ってくれることが多いです。

また、このセット売りは考え方をちょっと変えると、
シュークリーム 1個150円 プラス100円でクリームはみ出すまで大盛り
なんてこともできます。
「いつも食べるシュークリームは皮ばっかりでもっとクリームがあったらいいのに」「目一杯クリームの入ったシュークリームたべてみたい」と思っているお客さんは大盛りにします。

効果実証済みの売上アップ法です

ホールケーキのチョコプレートを値段をつけてお金をいただいていない方は、ぜひ値段をつけて売ってみてください。お客さんはなんの疑問もなく払ってくれます。

これだけでホールケーキが売れるたびに100円からの客単価アップが期待できます。

特にホールケーキのチョコプレート、ローソクをオススメすることを僕のお店では徹底しています。これだけで月に数万円の売上アップができています。
個人の洋菓子店の数万円はかなりの大きな売上になります。地域や場所に関係なくできる方法ですのでぜひやってみてください。

明日の繁盛を祈って!

スポンサーリンク