広告はかけるだけのことはある。

2019年3月24日

どうも、トモヒロです。

 

クリスマスですね。
ぶっちゃけブログ書いてる余裕なんてない、気がするんですけど

来年以降のために。販促について自分のために書いておこうと思うことです。

目次

スポンサーリンク



広告はただお金がかかるだけじゃない

広告屋さんは結構売り込みに来ますよね。
でも、それに対してうるさいなとか、どうせお客さん来ないよとか、効果がわからないし。。とか。

そんなこと思ってませんか?

ぶっちゃけ、そんなことない。

ってこと。

このピークに昨対ちょいマイナスでの推移。

なにが昨年と違うかというと、地域のフリーペーパーに広告を入れたかどうか。の違い。

これでマイナス推移。

 

本当金額にしたら広告数万円がその桁ひとつ0くっつけたくらい違う。
驚き。

抜かりは禁物。

うちのお店の場合、他店ではできないことができるはずなんです。
自慢っぽくなってしまいますけど、僕は、小学生の頃からポスターやらホームページやらを作ったりしてきています。

多分同業他店は店内でできてもワード・パワポ、ハガキ宛名系のソフトなんかを使ったポップやポスター制作で認知できればいいという程度のものだとおもいますが。

重要なことがらに関してはこれまでほぼ全て自分でチラシ、ポップ、ポスターを作ってきました。
商品ロゴなども作っています。

てことはです。

簡単に準備ができるはずなのに、準備しなかった、何かを理由にやらなかった。ということです。
制作時間さえ作れば、できるのに。デザイナーに投げれば何週間何ヶ月とかかる仕事を自分の時間を使えばできるのに。
これは本当に反省。

早めに早めに準備していくこと。これが大事だと痛感。

ということです。

 

はい、ということで、現実逃避している場合ではありません。
販促物、作ります。

 

そのうち、販促物を作る、講習的なことをできたらいいな、って思ってます。
Illustratorの使い方のスキルから、作り方、ある程度反応の取れる内容。。。などなど。

こんな写真も撮れるように。

スポンサーリンク