臼蓋形成不全症による、筋肉疲労。リハビリ二回目行ってきました。

stux / Pixabay

前回はこちら。

臼蓋形成不全という先天的な疾患によるものですが。

2回目リハビリに行ってきました。

目次

スポンサーリンク



ストレッチの甲斐あって

前回よりはかなり可動域が広がってかなり楽になりました。

単純にストレッチだけではなく、毎日湯船に浸かって温めるだけでかなり効果ありでした。

今回は

なにやら患部を温めて施術するってことで。

それがやたらと熱くて痛い感じでした(笑)。

理学療法士さんにマッサージ、ストレッチをしてもらって。

 

なんというか、ぼんやりいろいろ話ながら普通にリラックスできていいですね。

医療を受けているというより普通にリラクゼーションとしての自由診療的な感じ。

思わぬ・・・

高校の時の同期が理学療法士としてそこで働いていて、びっくりでした。

とは言っても、高校時代に交流がなかったんでなんとも・・・な感じではありましたけど。

 

きちんとケアすること

自宅でのセルフケアもきちんとしながら、プロの指導を仰いで、ということで。

本当なんでもその道のプロに聞くのが近道だなあと実感したのでした。

かなり痛みも引いて、楽になってきたので、自分でできるストレッチは継続していきたいと思います。

 

※僕個人の病状なので、それぞれのケースによって通院・リハビリの効果などは違うと思いますので、あくまでも僕個人の意見、ケースということで誤解なきようお願いしますね。

スポンサーリンク