大腿部の痛みがひかないので、受診してきたらリハビリ通院が決定した。

aitoff / Pixabay

実は先週から右足に痛みを感じていまして、あまりにも良くならないので、今日の昼間、受診してきました。

診断は股関節の「臼蓋形成不全」だということで。。

備忘録的に、また同じ症状の方のために、書いておこうと思います。

ちなみに僕は医者でもないし医療の専門家でもないのでにわか知識であることだけ先に伝えておきます。

目次

スポンサーリンク



臼蓋形成不全症

簡単にいえば関節の受け皿になる方、が通常より小さい。先天的な場合と骨折とか削れてしまったりとかで後天的になる場合とあるようです。

多分僕の場合はもともとそうだったようで、左右で骨盤側の受け皿の大きさがレントゲン写真で見て違いました。

症状は。。

僕の場合、ですが。

先週から、右の太ももの付け根あたりにちょっと痛みを感じていて、足をひねる(内旋・外旋)と痛みが出てまして。

ピキピキ痛みを我慢しながら仕事をしていました。

感覚としては筋肉がつっぱってるような感じ。骨が痛む感覚はありませんでした。

1週間ほど経ってあまり痛みが和らぐ感じがなかったので、受診、と相成りました。

診察は

医師の問診と、レントゲン撮影。

レントゲンで関節が不完全であることがわかって、それが原因という診断でした。

それを筋肉が頑張って支えてきたけれど、支えきれなくなって痛みが出てきたのではないか、ってことでした。

今後の方針

リハビリに通って治療受けて改善していくという方向に。

理学療法士の方に指導を受けながらマッサージとストレッチで筋肉をほぐしつつ、筋トレをしていくそうです。

リハ科へ

今日も受けていきますか?と聞かれたので、時間とかも気にしていたんですが、少しでも楽になるならと思って初回受けてきました。

担当の理学療法士さんはハツラツとしていて、年も近いし分野は違うけど負けてられないなと。

30分くらい今の状態がどんな状態なのかの確認と、それに合わせたマッサージをしてもらって、自宅でできるストレッチの指導を受けて帰ってきました。

多少痛みが和らいでいい感じ。

毎日ストレッチしなければです。

ちょいとトホホ・・・ですが

リハビリと聞いて「ジイさんじゃん!」とか思っちゃいました・・・

30歳目前にしてなんだか情けなくも思いましたけど、怪我とかでもリハビリする場合もありますしね。

こればっかりは先天的なものなんで、今後付き合っていかなければならないことですから、体を大事にしつつ頑張っていきますよ!

 

今後も経過を記事にしていければと思います。

足が痛いだけで、心は元気ですので、ご心配なくー。

スポンサーリンク