入社から半年位の「会社やめたい」と思ってる人たちに言いたいこと

2019年3月24日

トモヒロです。

入社から半年。

ひとまずは職場に通うのも慣れて、仕事の流れに慣れて来た頃でしょうか。

でも、この時期はこんなつもりじゃなかったとか、もっといい環境があるのでは無いかとか考えてしまう時期ではないでしょうか。

目次

スポンサーリンク



会社はあなたの将来に投資している

経営者や、上司の立場からすると、半年くらいの人はやっと使いモンになって来たと思えてくる時期です。

こんな時に「辞めたいです。」なんてことを言われたら今まであなたに掛けてきた時間を返せー!っておもいます。

それにあなたに色々と仕事を教えるために時間を割くってことは、他の仕事をすればいくらか生産性のあることができるのに、すぐ近い将来あなたがその仕事をできるようになることを期待して教えているのです。

会社からすればその時間は投資にあたります。投資は何かしらのリターンを狙ってするものです。

新人に仕事を教えるという投資は将来新人がそれ以上の仕事をして会社に利益をもたらしてくれること(=リターン)に期待して教えるのです。

知ったかぶりはやめよう

全てを知ったつもりになっているかもしれませんけれど、まだまだ半年くらいではその仕事の1割も知ることはできていないと言って間違いないと思います。

まだ任されない仕事は山ほどあるはずですし、大きな会社組織ならば部署にわかれて分業化されているはずですし、隣の部署が何をしているのかさえ、もしかしたらあなたにはわからないことだってあるはずです。

それなのに、自分がいるべきところはもっと他にある。というのであれば、それは「早とちり」みたいなもんです。

目標・ゴールは続ければ見えてくる。

入社して、まず1年は続けてみましょう。

そこまで続けることができればもう1ヶ月、もう3ヶ月とやっていくうちに仕事の楽しさややりがいが見えてきます。目標、ゴールも見えてくると思います。

ぶっちゃけ、それは辛いことだらけの日々かもしれません。
でもそれは他の環境に自分の身をおいても変わりないことです。

一度は、その会社組織が良いと思って入社したはずなのですから、少し積極的に仕事に関わってみることをしてみてほしいと思います。

石の上にも三年 どんなことも続けなければ、理解できることも理解できる様にならないと思います。

会社辞めるくらいなら、起業すれば?

って僕は思います。

何か得意なこと、自分の特技を使って誰かに価値を提供することはできないか

を考えてみるのも良いかもしれません。

もちろん自ら稼ぐということはリスクも責任も負うことになりますが、その分リターンは直接的で、手に取るように自分で感じられます。
大きな組織にいると直接的な自分へのリターンってぼんやりとしか感じられないことが多いかと思います。

 

ぜひ辞める決断ができるならば、続ける決断をしてほしい、そう僕は思います。

スポンサーリンク