初著書「Business Shift」Amazon11冠!好評発売中です。

LINE公式アカウントをお店の販売促進に活用すべき理由とメリット

この記事は約7分で読めます。

トモヒロ
トモヒロ

どうも。茨城県在住の元洋菓子屋。現在は起業・販促コンサルの

トモヒロ(@mochizo_)です。

  • リピート客を増やしたい
  • お客さんと交流をしたい
  • 簡単にお知らせを流したい
  • 広告費を抑えたい

こんなことを考えている店舗経営されている方、ひとり起業家の方は多いはず。

そんなときに使えるのがLINE公式アカウントです。

今回はLINE公式アカウントを店舗経営、起業家が作るべき理由とそのメリットについて書きます。

LINE公式アカウントとは

メッセージアプリ「LINE」

普段、家族や友達、知り合いなどとの連絡手段は何を使っていますか?

スマートフォンアプリのLINEを使っているのではないでしょうか。きっとこの記事を読んでいるあなたもその1人だと思います。

LINEは2011年ごろに開発が始まった、コミュニケーションアプリでメッセージや音声通話ができるアプリケーションですね。

このLINEを作り始めた方は東日本大地震がキッカケでLINEを作り始めたんだそうですよ。

日本最大級のユーザー数

現在のLINEはメッセージアプリとしてだけでなく、LINE PayやLINEゲーム、LINEマンガなどさまざまなサービスを展開していて、SNSとしての機能も備えています。

2021年9月現在で月間アクティブユーザー数は日本国内最大級の8900万人以上が利用していて、なんと日本の人口の70%以上が使っているアプリです。

このほかのSNSはTwitter、Facebook、Instagram、YouTubeなどがありますが、このいずれもその数値には届きません。

LINE公式アカウントはビジネス用のLINE

個人で使うLINEは個人用のアカウントですよね。あなたもスマートフォンで電話番号を使い認証をして使用しているはずです。

それに対してLINE公式アカウントはビジネス用のLINEということができます。

LINEを使っている個人ユーザーとビジネスオーナーが販売促進活動やプロモーション、セールスのために使えるLINEアカウントがLINE公式アカウントです。

LINE公式アカウントは元々はLINE@というサービス名でしたが、2020年4月にLINE公式アカウントに統合されてより便利に使いやすくなりました。

LINE公式アカウントを使えば、お客さんとつながることができ、より便利に直接コミュニケーションを使えるツールとして、とても有用です。

LINE公式アカウントを使うメリットとは

ビジネス用のLINEアカウント、これがLINE公式アカウントでしたが、ライン公式アカウントを使うことによるメリットはどんなことがあるでしょうか。
さまざまあるとは思いますが、特筆すべきは

  • プッシュ型だから到達率が高い
  • 無料でスタートできる
  • 問い合わせの初期対応を自動化

というこの3点ですね。それぞれ解説します。

プッシュ型メディアだから到達率・開封率が高い

プッシュ型、というとちょっとわかりにくいかもしれません。

プッシュ通知、と言われたらどうでしょうか。

スマートフォンを使っていると着信やアプリからの通知で鳴りますよね。
通知が来ていると、思わず内容を読んだり見たりしてしまいます。

これがプッシュ型メディアです。

対義語はプル型(pull 引っ張る)
お客さんから情報を取りに来てもらう形のメディアのこと。
ほかのSNSや、チラシ、展示会出展など。

LINEではプッシュ通知がスマートフォンに届くため、
思わずその内容を見てしまいますし、好意を持ってLINE公式アカウントへ登録してくれている方は、
内容をきちっと精読してくれる可能性もとても高いと考えられます。

LINEとよく比較されるのがメールですが、開封率は数%とも言われ、到達率が低いのです。

ですので、メールに比べてもLINEの方が効果が上がりやすいのです。

無料からスタートできる!

店舗やひとり起業家にはとても嬉しい、

最初は無料でスタートできるのです。

地域のフリーペーパーにしても、WEB広告にしても、チラシをまいても、
思った以上に宣伝広告費ってかかるもんなんですよね。

ですが、LINEであれば最初1ヶ月あたり1000通までは無料で始めることができます。

ある程度、登録者が増えるまでは無料で使うことができて、
効果が出てきたくらいで有料プランに変更すれば良いので、とてもリスクが低いのがとても良いところですね。

問合せの初期対応を自動化できる

店舗での予約対応やお客様の電話対応って、
作業してたり接客してたりすると、どうしても手が離せないことってありますよね。

そんなときに、LINE公式アカウントのAI応答メッセージという機能を使うと簡単な質問であれば自動で返信してくれます。

対応が必要な内容であれば、手動でメッセージを返したりすれば良いので、
初期対応が自動的にLINEがしてくれるだけでも、とってもオペレーションがラクになっちゃいます。

トモヒロ
トモヒロ

お店やってて、作業中に

「今日お店やってますか?」「何時まで営業ですか?」って電話はぶっちゃけ、めんどくさかったよね。

LINE公式アカウントが使える場面

実際にLINE公式アカウントを使ってどんなことができるか?

経験も踏まえて考えてみました。

再来店対策に

まずは再来店対策、リピートしてもらうためには絶大な効果をあげやすいです。LINE公式アカウントの機能の

  • ショップカード
  • クーポン

などを使えば店舗に来店してもらうための動機付けができます。

さらに日頃の配信をしていれば、その内容からあなたのビジネスのことを思い出してもらうきっかけにもなるからです。

お知らせ・告知に

あなたの店舗やビジネスのお知らせや告知に使えます。
登録してくれたお客様に対して一斉配信をしたり、チャット対応した方にはタグ付けをすることができ、タグによって絞り込んで配信したりができます。

  • キャンペーン告知
  • セール情報
  • 新商品・新サービス情報
  • 思ったこと

などなど、お客さんにとってご利益のある内容を発信すれば、
あなたの商品やサービスを利用してもらえるはずです。

お客様対応に

特にオンラインをメインにビジネスをされている方は、この点が重要なのではないかなと思います。

LINEを通して一斉配信もできるのですが、個別でチャットができるため、個別の対応をすることができます。

手動での対応なので手間はかかりますが、お客さんの要望に応じて、対応を変えることができるので、電話や対面での対応とそん色なく使えますね。

また先述の通り、LINEが自動で初期対応をする機能もあり、すぐに対応するのが難しい場合でも、お待たせすることなく初期対応が済むのも良いです。

商品・サービスの販売に

メッセージの内容に商品の紹介をしたり、セールスメッセージを入れれば、
直接お客さんに対して商品を販売することも可能です。

写真やメッセージにウェブサイトのリンクを設定したりできるので、
商品カートに直結すれば、スマートフォンだけで商品を購入してもらうこともできますね。

公式アカウントにプラスアルファでアプリを連携させれば、予約を管理することもできるので、
商品や施術、セミナーなどの予約管理も可能になりますよ。

新規顧客の獲得に

LINE公式アカウントは有料ではありますが、LINE広告を使えば、
新規のお友達を獲得することもできます。

そのお友達に対してメッセージ配信を行っていけば、店舗への来店や、
商品の購入にも繋がる可能性は十分にあります。

便利なLINE公式アカウントを使い始めるなら・・・

店舗販促やマーケティングツールとして、利用価値も高くメリットも大きいのがLINE公式アカウント。

でも、ひとつだけ言います。

パソコンが苦手、デジタルアレルギーな人にはとてもハードルが高いと思ってしまう。

ということです。

正直設定は面倒だし、意味不明な項目もあります。

配信を始めるまでには、いくつかの設定をする必要もありますし、

配信するまでの操作も、難しく感じる部分は多くあると思います。

デジタルにそんなに抵抗がない方であれば進めていけると思いますが、そうでない方にとっては、嫌になってしまうこともあるかもしれません。

ラクにLINE公式アカウントを使い始めたいあなたのために

僕がLINE公式アカウントをラクに、簡単にスタートできる様にしました。

動画講座を見ながら実践しやすい様に、作例アカウントを用意して、
体験しながら自分で作りながらできる様な講座です。

設定項目や配信操作も基礎と応用に分け、取り組みやすくしてあります。

この講座を使って、LINE公式アカウントを開設して、
あなたのビジネスを伸ばしていってくださいね。

応援しています!

タイトルとURLをコピーしました