せっかく独立したのなら、しっかり稼ぎたい。そう思いませんか?

2019年3月24日

どうも、トモヒロです。

Luisb / Pixabay

稼ぐ、という意味では、「店舗だけ」という方法にとらわれる必要はないと思うんです。

職人としての立場、経営者・ビジネスマンとしての立場。

それぞれの立場での考え方がありますけど、せっかく、独立したのなら、しっかり稼いで楽になりたい。

そう思いませんか。

経営者ならば、お店をやる傍ら、副業をすることは自由ですしね。
夢物語にしないように、自分自身、今取り組んでいること、チャレンジしていることについてお話ししたいと思います。

店舗経営・・!

これは無論、勿論の話です。
実店舗としてのお店がなければ何にも始まらない、と思います。

がそれだけでは足らないぜ!という方はこの後も読まれるといいと思います。

ブログ

情報発信をするということ。です。

自分が感じていること、思うことを書いていく。
ただ書きつらねるだけではダメだと思いますが。

そんな考えから誰かの役に立つであろう自分の失敗談や成功体験を記事にしようと思っています。

そこに広告をつけることで収益を上げる。メディアとして発信しながら、広告収入を得るというモデルです。

ネット販売

ネット販売って難しそうに思えますけど、今はとても簡単に始められるサービスが結構ありますから、新しい売り場を作ることがネット上にできますよ。

ネット販売という販路ができると、表向きは作業が増えますが、その分売上にも繋がりますし、実店舗で取り扱っている商品を商品登録して売り出せばいいのです。

これは今、僕が特に取り掛かっていること。

やっとモール内で開店しましたけど、割とハリボテな状態。。なんとか見栄えがするショップにしなくてはならないなと思っています。

あ、でも僕の場合は、何を取り扱っているかというと、

「業務用資材」

です。

店舗として扱っている業務用資材はかなりニッチではありますが、そのために価格競争はあまりないです。その分利幅が取れます。

お客様を集める網の貼り方、すなわち集客の仕方で売れるかどうかは変わります。

これは実店舗の考え方と一緒です。

催事販売

催事ので売上を躍起になって上げるように考えることも大事だと思います。

日銭を稼ぐことを考えるのであれば良いでしょう。。

でも、数日だけの売上よりも

数週間、数ヶ月続く売上をとることを優先して考えるとするならば。

その催事をで得られることよりも自店舗で得る利益にフォーカスする施策を考えるべきです。

繁忙の差がある、季節性のある商売ならば、無論です。

催事の現場は踏み台であること。

そして、踏み台にして、自店舗にお客様に来ていただくことを考えるだけで利益構造が大きく変わります。

目次

スポンサーリンク



お金のパイプライン

お金のパイプラインを増やすこと、もしくは現状あるパイプラインを太くすることを考えるのが経営者の仕事です。

そのための手段はあまり選ばない方が良いと思います。

もちろん現状やっていることからあまりにもかけ離れていることを始めようとすると、あらゆる面でストレスがかかって達成することができないので、そのようなことはやめておいた方が良いですが。

考え方としては、既存でやっている事業にSynagy、シナジー効果、相乗効果がある事業を考えるということ。

例えば、それを始めることによって

  • 集客が見込める
  • 仕入れ・原価が下がる
  • 広告販促費用が共通でできる
  • 人件費をそれほどかけずに売上、利益があげられる
  • 人材を共有できる

など、このような効果の期待できるものから始めます。

そうすることによって既存の事業に負担をかけず、お金のパイプラインを増やすこと、もしくは太くすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

既存の事業で手がいっぱいという方は難しいかもしれません。

でも、それであれば経営者としての仕事

お金のパイプラインを太くすること、増やすこと

にも時間を割くことができていないのではないでしょうか。
そのようなあなたは、まずは自分が居なければお店、事業が回らないというような状況を脱する対策をしていく必要が出てきます。

余裕が少し出てきた方はちょっと時間を作って、どうやったら既存の事業に相乗効果がありながら、ちょっと頑張るだけでできる事業はないか、と考えてみると良いかと思います。

 

スポンサーリンク