【200記事書いた】ブログを1年間続けた収益結果公開【伸ばす裏技有り】

この記事は約7分で読めます。

どうも、トモヒロ(@mochizo_)です

  • ブログを1年やると、ぶっちゃけどのくらい儲かるの?
  • 1年間ブログを続けた人の収益を知りたいな
  • ブログ1年継続するって大変じゃないの?よく書くことあるね?

という方のためにこの記事は書きました。

 

このブログ「トモヒログ」をまともに更新し始めたのが2019年2月中旬。記事執筆時点でおよそ1年が経過しました。

始めた当初の僕はブログに何を書けばいいのか、どうやって続けたらいいのか、全くわからない雑魚ちゃんだったわけですが。そんな雑魚ちゃんがどこまで出世できたのか。

果たして、ワカシだったのが、ブリになれたのか。

1年ブログをやった実体験を元に語ります。

スポンサーリンク

ブログを1年やってみた結果。収益は?アクセス数は?

収益とアクセス数は全然ない。

とかく気になるのはこの「収益とアクセス数」だと思います。

ブログ1年続けた僕の場合。

  • 収益 3,800円位(1年累計25,000円位)
  • PV数 2月は9,295PV/月(1年累計35,280PV)

でした。

稼げているか。というと1食贅沢ができるくらい。ですよね。

さほど変わらない、というのが現実。全然です。

とはいえ1年前から比べれば進歩

当たり前ですが、ブログを書き始めた1年前から比べれば、大きな進歩だと思います。

収益もアクセスもゼロスタートですからね。

ブログで初めて1円以上の収益が出た時には痺れるくらい、嬉しく、歓喜したことを覚えており、それと同時にまだまだ先は長いな、と思いました。

ブログで稼ぐという目的は1円でも稼げばある意味達成されますが、やっとスタートラインに立った、というだけです。長い旅の始まりとも言えます。

結果1年継続的に記事を書いてきたことによって、前述の通り、月3,000円・PV9,000という数値を得られましたので。

月3,000円でも毎月となれば年間では36,000円。1泊くらいの国内旅行なら行けるし、ブログを伸ばすためにツールに投資しても良い。

馬鹿にはできないかなと思う。

ブログを始めようと思うなら最低6ヶ月継続

ブログで稼ぎたいとか、副業でブログを始めようとか、考えているなら、最低でも6ヶ月位は続けたほうが良いと思います。

ブログは必ず一旦挫折します。

ぶっちゃけ、ブログを続けていくと、

  • 全然稼げない
  • やる意味あんの、コレ?
  • 面倒くさい
  • 今日は書かなくて良いかな

の様な怠け虫が心の中でうずうずして、やーめたっ!と挫折することはほぼ必ずあると言って良いでしょう。

事実、僕自身も1年間の間に何回か挫折しました。

トモヒログ」の1年分の月別のアーカイブ一覧。2019年10月は1ヶ月で3記事。

10月は「ブログ稼げないし、もう無理。やめた」と思って放置してました。

なんとか立ち直り、11月からは記事を書くようになりましたが、それでもおよそ2日に1記事のペース。

ブログ執筆に挫折してもせめて6ヶ月は継続。

ブログ執筆の一番の難関は「継続」です。

始めたばかりの初心者の頃は、全然稼げないし、アクセスもない。

挫折して当然だと思います。

しかし、諦めずにせめて6ヶ月。半年は継続することをオススメします。

6ヶ月=約180日。

  • 毎日投稿なら 180記事
  • 2日に1記事投稿なら 90記事
  • 3日に1記事投稿なら 60記事

です。

ブログで稼いでいる先人たちはよく「ブログはまず100記事は書きましょう」と言いますが、過去記事の【実感】ブログ100記事書き続けても変化は無いです。毎日絶望するだけ【マジで無理ゲー】でも書いています。

ぶっちゃけ100記事書いてもそんなに変化は起きないです。

それよりも定期的に継続して投稿する。

この方が効果はあると思います。ペース的には悪くても2〜3日に1記事程度は書くと良いと思う。もっとできる人は毎日投稿するとポジション取れる。

1年続ければひとまずは「脱初心者」かも

挫折を経験しつつも、1年間継続的に記事を書ければひとまずは「脱初心者」かなと。

定期的に書くことを1年続けていると、

  • 文章の書き方がわかる
  • 稼ぐために何をすべきかわかる
  • SEOの基礎知識が身についている

という感じです。

大きくは稼げる状態ではないですが、基礎基本が身についたかな。という状態。

あとは得た知識に沿ってやるだけです。

1年継続していれば、このくらいのポジションには立てます。

雑魚な僕でもここまで到達できたので、大丈夫かと。

【裏技?】ブログを伸ばすための加速装置は「学ぶこと」

1年くらいで偉そうに、と思うかもしれませんが、経験したことを元に書きます。

ブログ記事を書くというアウトプットは、常に何かインプットがないと継続はできない。ってこと。

ブログを伸ばす加速装置は学ぶこと

ブログを伸ばす上で、ダッシュ床に乗る、ジェットパックをつけるには

学ぶこと

が一番だと思います。

ブログを書くのに必要なのは

  • 文章の書き方
  • SEO知識

くらいです。

あとは自分の書くテーマの知識ですね。

たいていの人はまともに文章を書くのはそんなに日頃していないし、やっていてもビジネスメールくらいでしょうか。

書籍やウェブ上の情報をインプットしつつ、自分でやってみる。

インプットしたことを元に改善をしながら、アウトプット=執筆する。

という流れです。

インプットをしつつ、執筆すれば書くネタも困らないし、自分も成長できるし。良いことづくめかなと。このルーティーンができれば、ブログの伸びは加速すると思います。

おまけ:トレンドに波乗り

トレンドに波乗りすることでも一時的な伸びを体験することもできますね。

僕の場合、知識共有プラットフォームBrainがサービスインした時にいち早く記事を投稿しました。

新しいサービスですので競合の居ない領域ですよね。さらに、ツイッターでかなりバズっていたので、ここに波乗りする形でアクセス数を伸ばしました。

何かお祭り騒ぎになってたりすることをいち早く情報をまとめて記事にすることでも伸ばすことができるかなと思います。

おまけ2:読んでブログに役に立った書籍も挙げておきます。

おまけのおまけ。

ブログを書く上で、役に立った書籍をいくつかご紹介しておきます。

沈黙のWebライティング

良著、だと思います。ウェブライティングの基礎を学べる本です。

ストーリー仕立てで単純に面白い。さらにイラストも多いし、サクッと気楽に読めるのも良い感じ。

ブログを始めたばかりでも、1年経った今でも役に立つなと思う箇所が結構あります。

伝えて動かす!WEBライティングの教科書

沈黙のWebライティングはストーリー仕立てなのに対して、こちらは真面目なノウハウ本です。

基本的な文章の組み立て方、構成の作り方がわかります。

ウェブライティングからセールスライティングまで学べる一冊です。

Kindle版のみですが、KindleUnlimitedなら読み放題なんで、読み放題の一冊としてもオススメです。

みんなが書き手になる時代の 新しい文章入門

20歳の自分に受けさせたい文章講義」の古賀史健さん著作。文章の書き方の本です。

内容はかなりやさしく書いてあり、20歳の〜は僕は読んでませんが、新しい文章入門でもかなり学べる内容だと思います。

タイトルの通り、発信する側、書き手としての文章構成の仕方について書かれてます。

 

1年ブログを続けると、ワカシからイナダ位にはなれる

1年ブログを続ければ、それなりに伸びてるし、次に何をすべきかはわかるくらいまでには、なれます。

しかし、続けられるかどうか、が問題。挫折しても良いけど、立ち直って継続すると未来があるかなと。

ブログやるならせめて6ヶ月。2、3日に1記事を目安にやってみてはどうでしょう。

 

今回はここまでです。

タイトルとURLをコピーしました