【実体験】一つの販促方法に固執することで破滅に向かってしまう真実の話

Yuri_B / Pixabay

売上、利益を作る販売促進活動。

あれが良い、これが良かった、と周りから言われると、え?どうして?どういうことやったの?

とそれだけに躍起になってしまいますよね。

でも、それをすると後が怖いことになります。

目次

スポンサーリンク



販促の実体験の話

固執は破滅への道

一つの方法や手法でうまくいった!と思うと、どうしてもそれに凝り固まって集中したくなってしまいます。

これ、実際に僕自身が陥った罠でした。

もちろん成果の出た方法をしっかり対策していくことは大事です。
継続していくことも大事。

ですが、それだけに頼ってしまい、他の方法をおろそかにすると、結局は破滅を生みます。

なんでよ!?

一度成功、成果が出た方法によってしまうと、もしそれが失敗したとしたら。

0か100しかないわけです。

All or Notなんです。

実際にやって失敗しました。

繁忙期にチラシをバーンっと!部数多く撒いて、売上上がった!!やった!
これを続ければがっぽりマンデー間違いなしだ!と。

思い込んでしまったんです。

そんなことないのに。

もちろん繁忙期、お客さんに求められている、需要の高いときはそれでさらなる上乗せが可能です。

しかし、そのまま閑散期にもやり続けたんです。

そうしたら

 

・・・

 

反応取れないぞ?おかしいぞ?

となったわけです。

食事と同じでバランス重視。

Monam / Pixabay

販促もご飯と一緒で栄養のバランスが大切。

つまり販促であればいくつかの方法の組み合わせが大切なんだ、ということを学びました。

1つの方法だけ100やっても、それがダメだった場合0になってしまいます。

しかし複数の方法で販促活動をしたとしたら。

例えば4つの方法、
チラシ 25
DM 25
フェイスブック25
ライン 25
の割合で販促をやったとします。

このうち一つがダメだったとしても、残りの75は大丈夫かもしれませんよね。

そうすればある程度の集客、売上は見込めます。

得意不得意はあると思いますが、それでもやらないよりはやったほうが良いです。

とにかく行動することです。

複数の手法でコケない販促

何か一つに集中せずに、複数の方法、手段で販促することによって、

1つがコケてしまっても他の方法で集客、売上がたつような状況を作りましょう。

好き嫌いしない!

igorovsyannykov / Pixabay

好き嫌いせずに、なんでも取り組んでみましょう。

一つの方法に固執したがために、広告にかける時間も費用も回収できない、っていうことを実体験で学びました。
それだけ、コケた時の精神的ダメージは相当なものがあります。。。
広告費って本当に安くないと思いますしね。

でも、複数の方法でやればやっただけ、自分に、売上に、利益に返ってきます。

まずは行動です。基準値をあげて行動していきましょう。

応援してます!

スポンサーリンク