小売店におけるSNS活用の有用性

2019年3月24日

どうも、トモヒロです。

 

先日、(うちのお店にしては)高額商品をSNSを活用して販売することができました。

うまく使えば、SNSからの集客もできることを実感しました。

どうやって売るのか。

常に経営者ならば考えていることと思いますけど、

販売スタッフ任せ、って方多いんではないですか?

適当に商品の概要を伝えて、こういう商品だから。というだけ。

 

それで売れるのか。

結果はわかりますよね。

 

さほど売れない。

思い入れがあって売りたい商品でもその程度ではお客様には伝わりませんね。

 

今回僕がやったのは、Instagram。

インスタグラムを使っているレイヤーというのは個人的な見解ですが、写真が話題作りのSNSですのでいわゆる「インスタ映え」する写真、モノが主題になってきます。

そこに合わせてエピソードを文章にして説明に乗せて発信する、という方法です。

 

商品はチョコで作った小さなクリスマスツリーです。
チョコに力を入れているお店ならプチピエスは並べているとこはあると思います。

実験的な意味も含めて今回並べてみて、
「多分店頭だけでは売れないな」という感覚がありました。

なので、Instagramで綺麗な写真を掲載し、文章にしっかりとしたオファーをつけて投稿しました。

投稿した数日でたった3個ですが、すぐに予約が入りました。

 

いろんな方がSNS利用した方がいいよ、という風に勧められてやり始めていらっしゃると思いますが、SNSの特性を理解して適切に使用すれば集客に大いに利用できることがよくわかりました。

 

もし、興味があれば、ご連絡いただければ僕がわかる限りのことをお教えします。

スポンサーリンク