【イラレ講座】シェイプ形成ツールの使い方解説! Adobe Illustratorチュートリアル

この記事は約3分で読めます。

どうも、トモヒロです。

Adobe Illustratorのシェイプ形成ツール(Shape Building Tool)について、解説動画を作りました。

スポンサーリンク

シェイプ形成ツール 解説動画

[1から始めるイラレ講座]シェイプ形成ツールの使い方

シェイプ形成ツールとは

複数のシェイプ・パスの重なり合った部分に対してパスの形状を操作できるツール。

シェイプ形成ツールと同等のIllustratorの機能としてはパスファインダーがありますが、割とシェイプ形成ツールの方が直感的な感じですし、簡単な感じ。

パスファインダーもよく使う機能ですが、両方覚えておいて損はないですし、その時々で使い分けるといいと思います。

慣れてしまえばシェイプ形成ツールの方が個人的にはいいかなと思いました。

シェイプ形成ツールの主な機能

シェイプ形成ツールの主な機能は次の通り。

  • 結合
  • 分割
  • 削除

です。

それぞれ解説します。

シェイプ形成ツールの機能①:結合

シェイプ形成ツールの機能として、パスの結合が出来ます。

2つのパスを選択、シェイプ形成ツールに持ち代えたあと、結合する2つのパスの上でカーソルでドラッグします。

そうするとパスが結合して1つのパスになります。

パスファインダーだと、合体か合流に相当する操作。

シェイプ形成ツールの機能②:分割

シェイプ形成ツールの機能 その2 「分割」

重なった部分のシェイプを分けて分割することができます。

操作は、2つのパスを選択して、シェイプ形成ツールに持ち代えます。分割できる部分が網掛け表示になるので、そこでクリックすることでパスが分割されます。

パスファインダーでは「分割」相当します。

シェイプ形成ツールの機能③:削除

シェイプ形成ツールの機能 その3 「削除」

複数のパスの重なり合った部分を削除することができます。

操作は、2つのパスを選択して、シェイプ形成ツールに持ち代えます。削除したい領域を網掛けになったところで、WindowsはAltキー、MacはOptionキーを押しながら、クリックすると、その領域が削除されます。

パスファインダーでは、「中マド」に相当します。

基本的な使い方は

2つ以上の複数のパスを選択して、シェイプ形成ツールで操作する領域をクリックかドラッグ。

図例では2つのパス・シェイプの場合で紹介しましたが線と図形でも使用できます。

覚えれば超便利。シェイプ形成ツール愛用します。

シェイプ形成ツールの基本的な使い方、機能について解説しましたが、めちゃ便利だと思います。

正直最近まで僕自身知らなかったですし、使ったことがなかったツールなので目からウロコでした。

文章と図だけでは割と伝わりにくい感じがしますので、ぜひ動画で【1から始めるイラレ講座】シェイプ形成ツールの使い方をご覧ください。

 

これからはシェイプ形成ツール、ガンガン使って作業効率アップを図ります笑

 

今回はこの辺りで、失礼します。

 人気記事 【価格比較】グラフィックデザイナーが選ぶおすすめネット印刷サイトまとめ!【印刷通販】
 人気記事 店舗経営者が導入したいキャッシュレス決済サービスまとめ。+おすすめ5選

タイトルとURLをコピーしました