低価格・スマホ用ジンバル「DJI OSMO Mobile 3」買ってみた。

どうも、トモヒロです。

実写動画を始めようと思いまして。
この度DJI OSMO Mobile 3を買ってみました。

ドローンやOSMOシリーズで有名なDJI。中国深センの会社なんですね。

買ってみて、ちょっと使ってみた感想を含め、レビューします。

目次

スポンサーリンク



DJI OSMO Mobile 3 レビュー!

DJI OSMO Mobile 3は、今年の夏2019年8月頃に発売された、スマートフォン用の手持ちジンバルです。

19年10月末現在で、未だに品薄な感じがあって、僕はアマゾンで購入しましたが、数日入荷待ちで待たされました。

OSMO Mobile 3は3軸ジンバル。OSMO Mobileの3世代目になる機種です。

僕が買ったのは、セミハードケースと専用三脚付きのコンボセット。これで1万5千円台。OSMO Mobile 3のジンバルだけのものは1万2千円台。
一昔前から考えればかなりお手軽にジンバルが手に入るようになって、時代は進んだなという感じですね。

本体のみはこちらです。

OSMO Mobile 3はお買い得感ある

ほんの数時間ですが使ってみて、OSMO Mobile 3はかなりお買い得感あるなという印象です。

ハーネス付きのジンバルとかからすればチープですが、誰もが持っているスマホを手持ちでぶれぶれの撮影をしていたところをステップアップするためにはコスパいい。

1万円台で買えるジンバルは他にもあると思いますが、何となく商品ページ見る限り怪しい製品が多い印象なので、失敗したくなければOSMO Mobileが良いかなと思います。

OSMO Mobile 3専用アプリ

DJI mimoというDJI製品向けのアプリがあります。OSMO PocketやOSMO ActionなどのDJI製品でもペアリングして使うアプリです。iPhoneのみというところはちょっと難点かな。

基本的には、OSMO Mobile 3の場合、このDJI mimoでOSMO Mobileをセッティングして撮影します。設定だけDJI mimoで設定をして、他のカメラアプリでも撮影はできます。機能的には他のアプリよりはmimoを使ったほうが良いかなという感じですね。

機能としては撮影した動画や写真をDJI独自のSNSでシェアできたり、プリセットでSNSでシェアするための撮影テンプレートが入ってたりします。

女性に嬉しいビューティモード

DJI mimoの撮影モードとして美顔モードがついてます。mimoからの新機能なんだそうです。

正直自分で使ってみた感じだとあまり効果がわからなかったです。。

肌の色を明るくしたり、目を大きくしたり、顎のラインを細く見せたりする効果がついてます。

1つ難点はHD撮影ではこの効果が使えないところですかね。解像度を下げないと使えない機能になってます。

DJI mimoの撮影機能は

OSMO Mobileのボタンひとつで動く被写体を追いかけるトラッキング機能は便利かなと思いますね。

スマホ標準のカメラアプリでは触れないシャッタースピード、露光、ISO感度の設定もできるので結構高機能です。

タイムラプス、スーパーラプスも入ってて盛りだくさん。。。

OSMO Mobile 3とDJI mimoがあれば大体のことはできちゃう感じ。

DJI OSMO Mobile 3を使ってみて。

めちゃくちゃざっくりなレビューですが、本当にほんの数時間触って見ただけなので、もっと詳しくは使い込んでみて、改めてレビューできればと思っています。

実際に使って撮影した動画も合わせて紹介できるようにしたいと思ってますので、お楽しみに。

盛りだくさんで本当にお買い得

前述していますが、改めてDJI OSMO mobileはめちゃくちゃお買い得感ありますね。

アプリも機能充実してますし、ジンバルも取り回しが良く、折りたたみできてコンパクトに持ち運べる。

操作性も手元のボタンで一通りのことができますし、太っ腹って感じですね。

OSMO Mobile 3はこんな人におすすめ

僕が使ってみた感じでは

  • 旅行の記録を上手に撮りたい人
  • スマホで動画・写真の撮影を完結したい人
  • サブのカメラとしてスムースな動画をスマホ撮影したい人
  • これからYouTubeで情報発信をしていきたい人

などですかねー。ちょっとニッチな感じしますけど。

なにより、本格的なカメラを持ち歩かずとも、いつも持っているスマホにOSMO Mobile 3をつけるだけでスムースな動画撮影ができるというのはかなりのメリットだと思います。
折りたためてコンパクトなのでそんなにカバンの中でも場所を取らないですからね。

早速、僕は自分の店内での商品紹介などの動画撮影で使ってみたいと思ってます。

 

これからはもっとデッカい動画の波が来そうな感じですから、トライしてみてはいかがでしょうか。

では、今回はこの辺でー。失礼しまーす。

スポンサーリンク