M&A経験者が選ぶM&Aマッチングサイト5選。選ぶポイント教えます。

この記事は約9分で読めます。

どうも、トモヒロ(@mochizo_)です

M&A、事業譲渡が最近ではとても盛んになってきました。それに合わせて、ウェブ上で買い手・売り手を探すM&Aマッチングサイトも様々あります。

いくつものサイトが有りますが、それぞれに特徴があり、条件に合わないサイトに登録するというのは、時間的・金銭的ロスが生まれます。

僕自身、2020年3月に店舗売却を行い、M&A/事業譲渡のマッチングサイトを使っていました。
その際に感じたM&Aマッチングサイトを選ぶ上でのポイント、そして後半には実際に使っていたサイトを厳選して5つのサイトをご紹介します。

M&Aマッチングサイトとは

M&Aマッチングサイトは、M&Aや事業譲渡、事業の売買をしたい、買い手と売り手のマッチングをするサイトです。

最近ではその数も増えてきており、手数料の安さなどを売りにするサイトも多くなってきました。

双方のマッチングをするだけではなく、M&A/事業譲渡の成約までの全体的な工程のサポートまで行うサービスもあります。

M&Aや事業譲渡をしようと考えても、普通に事業をしている中では情報を得ることが難しいことが多いと思います。

M&Aマッチングサイトを使えば、情報収集やM&Aや事業譲渡の相手を直接探すこともでき、スピード感を損なわずに検討のステージに上がることができますね。

事業譲渡・M&Aマッチングサイト選びのポイント

M&Aマッチングサイトは様々あり、それぞれが手数料、サービス内容で競って差別化を図ろうとしています。

利用する側として、やはりそれらの特徴を見比べて使うマッチングサイトを選びたいですよね。

マッチングサイトを選ぶポイントとして

  • 成約実績
  • 登録案件・会社数
  • 手数料・利用料金体系
  • マッチング以外のサービス内容

などがポイントになります。

特に登録案件数などはマッチングのしやすさに繋がる部分ですし、また成約実績はマッチングだけではなく最終目標の成約できているか、という指標にもなるので重要視したいところです。

手数料・利用料金体系は、売り手は登録無料というマッチングサイトがほとんどですが、売り手、買い手ともに着手金や成約時の費用負担がサイトごとに大きく違うので、良く比較して登録するサイトを選びたいですね。

こう言ったそれぞれのポイントを比較しながら、M&Aマッチングサイトをみていきましょう。できるだけわかりやすくまとめましたので、条件に合うところから登録するサイトを選んでみて下さい。

超厳選!オススメM&Aマッチングサイト 5選

M&Aマッチングサイトもまだまだ若いサイトが多くて、玉石混合と言った感じ。どんなサイトに登録したらいいのかわからないですよね。

厳選した5つのサイトをご紹介します。

(※掲載のデータは2020年10月18日現在の内容です)

SPEED M&A

オススメ度5.0

スピードM&Aは売却価格1円〜50億円規模まで、幅広い案件があるのが特徴。サイト名にもある様にスピードを重視している点もポイント。また、マッチングした相手と直接メッセージができる仕組みになっているため、手数料も安いのもGOOD!

運営会社 株式会社スピードM&A
登録件数 登録数5000件以上/案件数700件以上
成約実績 成約実績非公開
手数料 売り手:無料
買い手:基本無料、成約時成功報酬20万円〜
特徴 ・成約まで平均3ヶ月というスピード感
・チャットやメールのコンサルサポートが無料
・大小様々な規模の案件を取り扱っている
サイト https://speed-ma.com/

売り手と買い手が直接チャットで交渉できるなど、様々な面でコストダウンが図られており、その分手数料も安価です。
本格的な交渉を始めるまでは双方匿名での検討ができるので安心です。成約までのスピードも早いため、急ぎでのM&A,事業譲渡にはオススメのサイトといえます。

売り手は完全無料デス

スピードM&Aに登録してみる!

Batonz

オススメ度5.0

バトンズは中小規模事業者向け、最大級のマッチングサイトです。M&Aの専門家・アドバイザーも登録していて、M&A専門アドバイザーの支援を受けながら、マッチング、成約までが可能です。

運営会社 株式会社バトンズ
登録件数 ユーザー数75574名
成約実績 累計マッチング数50090件/累計M&A件数7964件
手数料 売り手:無料
買い手:成約価額の2%(最低報酬額なし)
特徴 ・相手と直接交渉の他に専門家のアドバイスも受けられる。
・全国の地方銀行とも提携
・M&A専門会社が親会社なので信頼感もあり安心
サイト https://batonz.jp/

全国の地方銀行とも連携していて、M&A/事業譲渡のことを銀行に相談に行くとバトンズを紹介されます。銀行と提携するくらいのマッチングサイトですので信頼感は抜群。

バトンズはM&Aの専門家、アドバイザーも登録していて、良くわからないM&Aの手順をしっかり教えてくれます。また、完全にそのアドバイザーにお任せということも可能。
バトンズは売り手・買い手のマッチングに加えてアドバイザーとのマッチングもできる様になっています。この点はバトンズだけの特徴ですね。

売り手は完全無料デス

バトンズに登録してみる!

事業承継総合センター

オススメ度4.0

事業承継総合センターはリクルートグループが運営するマッチングサイト。直接売り手・買い手の交渉をするスタイルが多い中、M&A仲介業者・アドバイザー業者とのマッチングができるサイトです。仲介業者とマッチングすることで、特定の業界に強い業者を選ぶことができます。

運営会社 リクルートグループ
登録件数 売り手企業非公開/買い手企業1万社以上
成約実績 成約実績非公開
手数料 売り手:登録無料、仲介手数料有り
最低成功報酬500万円〜
特徴 ・業界に精通した仲介業者とマッチングできる
・多数の買い手企業を比較検討できる
・売り手に特化した売り手専用サイト
サイト https://rbsp.jp/

売り手の後継者探し、M&Aに特化したサービス内容になっていて、豊富な買い手企業リストの中から選ぶことができる。多方面で事業展開するリクルートグループが運営しているという点でも信頼度は高いですよね。
買い手との直接交渉の場合、手続きの方法などで悩むリスクが有りますが、必ずプロのM&A仲介業者が入るため、時間との勝負の事業承継において、無駄が省けるメリットが有ります。

ただ、最低成功報酬が500万円〜という点が少し高額かなという印象。なので評価は星3.8にしました。

相談・着手金は無料デス

事業承継総合センターに相談してみる!

BIZREACH SUCCEED

オススメ度3.5

BIZREACH SUCCEEDは、転職サービスで有名なビズリーチが手掛けるM&Aマッチングサイト。完全審査制、会員制のサイトで、審査を通った信頼できる企業だけが登録しています。

名前を聞いたら誰もが知っている様な有名企業も利用しています。

運営会社 ビジョナル・インキュベーション株式会社
登録件数 売り手企業2666件/買い手企業5666件
成約実績 成約実績非公開
手数料 売り手:無料
買い手:無料プランあり。最低成果報酬200万円〜
特徴 ・資金力が潤沢な企業が登録している
・登録に審査があるので本気の企業だけ
・業界・規模ともに多岐にわたる
サイト https://br-succeed.jp/

ビズリーチサクシードは審査制ということもあって、登録している企業は全国の一流企業、中堅企業が多い。取り扱っている業界や規模は様々。特に買い手企業は資金力のある企業が多く、意欲のある企業が登録されています。

売り手・買い手ともに堅実にM&Aを進めたいという場合にはオススメです。

ただちょっと管理画面の仕組みがわかりにくい点があるので、星3.5評価にしました。

売り手は完全無料デス

ビズリーチ・サクシードに登録してみる!

M&A Cloud

オススメ度3.0

M&AクラウドはIT系、インキュベーターなどに強みのあるM&Aマッチングサイト。そのほかにも外食、マーケティング、金融などなど、様々な業種の買い手企業が参加しています。全ての買い手企業で運営が直接取材をしている様で、代表者や権限者の顔写真が掲載されており安心感が有ります。

運営会社 株式会社M&Aクラウド
登録件数 売り手登録者数2507社/買い手掲載社数225社
成約実績 M&A総件数482件/出資件数371件
手数料 売り手:無料
買い手:平均3%
特徴 ・IT系案件が豊富
・1000万円〜数億規模まで様々な案件を扱う
・仲介業者を入れないのでスピーディー
サイト https://macloud.jp/

M&Aクラウドでは、M&Aに加え、資金調達・出資についても取り扱うマッチングサイトになっています。IT系案件が豊富でその割合は50%以上。

売り手にとっても買い手企業ページには情報が豊富にあり、どんな企業なのかを良く知ることができます。M&Aが成立した後もながいお付き合いになる可能性のある会社。不安感を抑えられますし、スムースに交渉を進めることができると思います。

ただ、案件がIT系に偏りがあり、売り手の業種によって使いにくい面があると思い星3評価としました。

売り手は完全無料デス

M&Aクラウドに登録してみる!

状況に合わせて選んで、複数サイトに登録でスピードアップしよう

5つのサイトをご紹介しましたが、そのサービス内容は千差万別。

もちろん売り手・買い手が知り合う、マッチングできるという点では全てのサイトにおいて備わっているサービスです。

冒頭でも書いた通り、手数料や、サービス内容、得意な業態・業界、成約実績などそれぞれに特徴があります。

ご自身の条件や状況に合わせて、サイトを選ばれると良いかと思います。

複数サイトに登録で問い合わせ倍増→スピードアップに。

買い手企業が手数料を支払うパターンが多いので複数のサイトに登録するというのは難しいかもしれません。

しかし、売り手の場合、登録無料、サイトによっては登録から成約までほとんど費用負担のないサイトもあります。

特に売り手は複数のサイトに登録すると、その分多くの買い手企業・仲介業者の目に触れることになり、問い合わせを得られる可能性を増やすことができます。
M&Aはいわば情報戦ですので、いかに多くの買い手企業の目に触れるか。興味を持ってもらうかが重要です。

問い合わせが多ければ多いほど、交渉のステージをたくさん持つことができますので、売却ニーズにあった買い手を選びながら探すことができます。

是非売り手企業の方は無料で登録できるサイトに複数登録されることをオススメします!

タイトルとURLをコピーしました