記憶の方法

2019年3月24日

トモヒロです

みなさんはどの様に物事を記憶しているのでしょうか。

ちょっと僕は普通の方とは物事を覚える時は違う覚え方をしている様で、最近それを気づきました。

僕の場合についてのことですので誰の役に立つのかはわかりませんけど、書いてみようかと思います。
ちなみに僕はズバ抜けて記憶力が良いとか、すごく仕事ができてるとも思いませんので、その辺を理解した上で読んでいただければと思います。

目次

スポンサーリンク



森を歩く指

何かを覚える時、僕は割とそれに付随するイメージが何かしら脳内にあります。

これは幼少期からずっと変わらないことなんです。

その例として、小学生低学年くらいまでピアノをならっていましたが、曲を覚える時、鍵盤が森の木々にみえてまして、その中を指が行ったり来たり、おにごっことかかくれんぼをしているようなイメージで曲を覚えていました。

今でも、なにか大事なことを記憶する時も、そのときに思い浮かぶイメージと紐付けて覚えていたりします。それは実際に行ったことのある風景の時もあれば、空想的なこともあります。

トータルリコール?ではないですが

自分は一度見たものはだいたい覚えています。

でもそれには条件があって、たぶんこの辺りは誰も共通すると思いますが、自分がその物事に対してある一定の強い興味関心のあるものだけ、です。

それも、多分ここが人と違うなと思うところなのですが、わりとそれを数日おいてもほぼ再現できるというところ。
インプットに対して、アウトプットがだいたい8割9割でできています。。

洋菓子店をやっているという仕事柄、ケーキの仕上げを毎日します。
そのケーキの仕上げって一度飾り方を決めたらどんなに短くても数週間は変えずに毎日同じ仕上げをします。

コピーを作っていく、簡単な仕事です。

でもそれができない人がいるということに衝撃を覚えた、というのが最近のこと。

手先の器用さとか、そういうことを加味しても、昨日やったもの見てたでしょ?って僕は思ってしまうんですが、記憶の仕方の違いなのかなと最近気づきました。

「憶え方」は人それぞれある

僕は基本的に画像・映像記憶と論理的な紐付けで芋づる式に物事を記憶、整理しています。

冒頭でも言った通り幼少期からそうやって自然と物事を覚えてきた、訓練してきたからなのですが、みなさんはどの様に物事を覚えているのでしょうか。。。

何回もその情報を反芻するとか、量を重視するとか、僕と同じ様に映像画像記憶してるとか、物語式にして覚えるとか、いろいろと方法はあると思いますが。

方法はなんにせよ記憶はすぐに引き出して使える様にする訓練っていつでも大事なのかなと思います。
年齢を重ねれば重ねるほどその能力は衰えるはずですし、自分の親も結構物忘れがでてきて、人の名前が思い出せないとか、何かものをおいて忘れて探し回ってたりとか。

脳を上手に使って元気に過ごせるといいな、って思います。

 

ちょっと、とりとめのない記事になってしまいましたが、気になったことなので記事にしてみました。
人の記憶って難しいし、客観的に評価できるものでもないし、僕は脳科学者でもないし(笑)よくわかりませんけど。

自己満記事にお付き合いくださりありがとうございました。

スポンサーリンク