悩んでいるなら今すぐ行動しよう。(14/100)

2019年3月24日

どうも、トモヒロです。

Pexels / Pixabay

起業しようか、どうしようか。悩んでいるのであれば、1日でも早く始められるほうが良いと思います。

起業するにも様々なスタイルがありますから、今なら選択肢はたくさんありますし、現状のまんまでは何も進んで行きません。

悩んでいるのであればすぐに行動すべきです。

自分なりにそう思う理由を書きたいと思います。

目次

スポンサーリンク



まず何よりも行動を起こすこと。

このブログも思いつきで立ち上げちゃいましたし。
ちょっとやってみようと思うならばまずは行動に起こしてみることです。

明日やろうと思っていれば、それは明日やりません。たいていの人は。

そうなると知らぬ間にやろうと思っていたことはずっと順延になって、いつの間にか忘れてしまう。

そうなると、何も進歩しません。

今日の自分は昨日までの自分の結果

これまでの積み重ねが今日の自分を生んでいる、ということに気付くまで、結構時間がかかりました。

これは、いろんな人が言っていますし、言われてみればその通りだ、と腑に落ちます。
しかし、やっぱりそんなこと無いよ、とかって思ってしまったらもう終わりです。

こうやってあなたが文字を読むことができるのはなぜですか?

学校に行って言葉を学んだからですよね?
漢字練習したからですよね?
日本語を親や周りの人が喋っているのを真似して覚えたからですよね?

これも簡単にいえば積み重ねた結果、不自由なく日本語という言語を習得して使えるようになっている、結果があるのです。

つまり、日々の行い、行動が明日や未来の自分を作るということになります。
何か変わりたい、変わろうと思った人は行動しています。

行動を起こさなければ何も変わりません。

まずはやること。です。

悩む時間があるならやってしまいましょう

前述のことにもつながりますけれど、今の状況で悩んでいるのであれば、やってしまうほうがその悩みは解決することが多いと思います。

もちろん新たな悩みも出てきますが、それはまた行動したから生まれる悩みであって、良いことだと思って受け入れて対処していけば良いだけの話です。

起業しようかどうしようか、と言っているなら起業してしまいましょうと。

誰かに雇われているような状況、つまり従業員としての立場で得られるものは、起業してからあまり役に立つことは無いと思います。役にたってもほんのちょっと。

従業員としての経験を積むより、起業して経営者としての経験を積むほうが、起業するのであれば絶対的に必要ですし、できるだけ早いほうが有利になります。

それでも悩むなら副業、週末起業

やってみようと思って、でも今の会社や組織を抜けてしまったら収入が心配と思うのであれば、副業や週末だけの起業も考えられます。

副業は世の中的にも認められる流れになってきていますし、それを利用しない手はありません。

稼ぎを増やして自分がどうなりたいか、何が欲しいか、など目標を立てて、稼ぎましょう。

まとめ

変えられるのは自分自身

先輩や上司、同僚を変えようと思っても、これはかなり大変なことです。

それならば変えられるのはよくよく知っている自分自身を変える方が簡単。

つまり、自分の行いを変えれば、自分の住む世界は変わっていくということです。

ぜひ、今日から、今から、何か自分の行動を変えて、新しい世界に向かって行きませんか?

 

自戒の念もこめて。

 

では!

スポンサーリンク