【収益up】おすすめのアフィリエイトサイト6選【コツも紹介】

この記事は約5分で読めます。

どうも、トモヒロ(@mochizo_)です

アフィリエイトで稼ごうと思ってブログを開設した。

ドメインとか、サーバーとか、WordPressとか。わけわからないけど、なんとか設定できた。

アフィリエイトするには、なんか登録しなきゃいけないということはわかったけど。どこに登録したらいいの?

アフィリエイトはすぐに稼げるようになるんですか?

 

こんな方のために記事を書きました。

アフィリエイトで稼ぐ仕組みは主に2つ

アフィリエイトで稼いで、収益をあげる仕組みは主に2つあります。

  1. 広告掲載型「アドセンス・アドネットワーク」
  2. 商品販売型「アフィリエイト」

の2つです。

1の広告掲載型「アドセンス・アドネットワーク」は広告のバナー画像を掲載してクリックされるか表示されるかで収益になるパターン。

2の商品販売型「アフィリエイト」は商品を紹介したりおすすめしたりして、商品が買われる、問い合わせがされると収益になるパターン。

おおむね、このふたつに分かれます。

広告掲載型?商品販売型?どちらがいいのか。

広告掲載型、商品販売型、どちらがいいか。

結論としてはどちらも組み合わせてやる。が答えですね。

 

広告掲載型、商品販売型、どちらもメリットデメリットがあります。

お互いに補い合いつつ、運用できるので、両方組み合わせるのが一番効率がいいと思います。

アフィリエイトで稼ぐための収益UPのコツ

どうやって稼いだらいいのか、収益アップのコツなんですが。

ブログで記事を書いたらSNSでシェアしてアクセスを集めつつ、売れる文章を学んで新しい記事を書く。

このルーティーンだと思います。

とにかく記事を書くことがコツです

ただ記事を書けばいいって問題ではないことだけは先に言っておきますが。

とにかく記事を書くことがコツですね。

 

  1. 記事のキーワードをリサーチ
  2. キーワードからの課題を考えて
  3. 記事構成を作る
  4. 本文執筆

という流れ。

ここでアフィリエイトできそうな商品サービスがあれば、自然にリンクをつける。という感じですね。

おすすめASP・アフィリエイトサイトを紹介します

おすすめのアフィリエイトサイトは次の通り

とりあえず盲目的に全て登録したらいいと思います

ぶっちゃけどこを選んでも一緒ですが、サイトによって出稿している広告主が違います。

サイトごとに得意な分野、ジャンルもあります。

自分のブログのジャンルや記事によって案件があるかないかは重要ですが、全て登録しておけばある程度間違いないと思います。

ですので、とりあえず全て登録しておけば問題なしです。

アフィリエイトで収益をあげるのは簡単じゃないです

ぶっちゃけ、アフィリエイトはかなり難しいことです。

アフィリエイトやっていて収益がない人は約3割。アフィリエイト初めて1年未満の人も3割。(出典:アフィリエイトマーケティング協会 2019年資料

収益がなく始めて1年未満の人はかなりいるのではないかなと。

ということは、1円も稼げずに1年以内に脱落していく人も多数のはずです。

 

ぶっちゃけアフィリエイトは難しいゲームだと思ったほうがいいですね。

朗報:記事が増えれば自然とアクセスも増える→収益UP

これは実体験ですが

  1. 記事が増えてくれば、自然とアクセス数も増えてきます。
  2. アクセス数が増えてくると収益も増えてくる。

こういう流れです。

「トモヒログ」のページビューのグラフですが、2019年末くらいから伸びてきて、少しずつ収益も上がってきています。

昨年は中盤はブログに絶望して更新をしてませんでした。その後再起して定期的に記事を書いてきたことで、アクセス、収益が伸びてきました。

悩みつつ記事を書いてきた結果、収益が出てきているので絶望しても続けるだけでいいと思います。

セールスライティングを学べばさらなる武器に

ちなみに、もし余裕があればセールスライティングも勉強すると良いかと。

セールスライティングとは、売るための文章術、といえばわかりやすいでしょうか。セールスライティングで検索してみてください。

セールスライティング
検索

アフィリエイトで稼ぐには記事を書くしかないです

アフィリエイトで稼ぐには、兎にも角にも、記事を書いいくだけです。

記事を書いて、ツールで効果測定をしながら、考察する。

改善をして新しい記事を書く。

ひたすらにこの行動の繰り返しです。

 

これを繰り返すだけの簡単な作業。

鬼継続と鬼改善。淡々とこなすだけです。

 

ここまで読んだのなら

  1. 登録していないアフィリサイト・ASPに登録。
  2. 記事を書く

という行動を今日のうちにどうぞ。

多分ほとんどの方がやらないでしょうけど、それもあなたの自由です。

 

では。

タイトルとURLをコピーしました