休日らしく その2

2019年3月24日

どうも、トモヒロです。

ドライブに行ってきて、ドライブの相棒がいつもと違かったので、そのレビューでもしようかと思います。

TOYOTA Aquaについて。

いつも乗っている車は日産プレサージュTU31(型式あってるかな?)の前期型。2.5L。であることを前置きしておきます。

目次

スポンサーリンク



Toyota Aquaに初めて乗る

今回アクアが来たのは事故修理の間の代車ということで、走行距離6000キロほどのアクアが来ました。

オプションとか何にもついていないのでほぼほぼまっさらのベースグレード車両だと思います。

ちょっと調べたら多分Lグレードの廉価・ビジネスモデルっぽい。

とにかく低い

座面がかなり低い。座面高が50センチくらいらしい。
座る時は半ば転ぶような感じで座る感覚。。
ドアを開けて降りる時もちょっと立ち上がるのが辛い感じがした。

多分高齢の方で足が悪かったりすると要介助な感じがする。

さらに全高も低いので、ヘッドクリアランスが身長172くらいの僕だとこぶし一つ分くらいしかない。
それでもって割とノーズが長めな感じなのでノーズの先はほぼほぼ見えません。
おまけに今回のアクアは最廉価グレードってことでシートリフターもなしなので視野は最悪です。。

ハイブリッドだから

低燃費!

これはいい点です。

でもエンジン車から乗り換えるとモータードライブからエンジン稼働のタイミングは最初慣れるまで驚きます。
プリウスにも乗ったことがありますが、この点は一緒。基本的に駆動系まるまる移植って感じみたいなんで当たり前か・・・。

エンジン車、しかもプレサージュの巨体、2.5Lエンジンと比べれば燃費は雲泥の差があります。世代的にも全く違いますしね。

乗り心地は

あまりよくない?気がしました。

これも多分グレードのせいだと思いたいのですが、長時間運転は勘弁・・・。
シートは硬くて、サスもかための感じ。

もしかしたら上位グレードならリフターもあって、シートも優しいのだろうと思いますけど、どうなんだろう。と妄想しながらドライブしてました。

ハイブリッドだからなのか、多分同じくらいのエンジン車に比べたら車重が重く感じてアクセルも効きにくいなと感じた。

 

まとめると

コンパクトなハイブリッドの低燃費車。

というところで。

そのまんまじゃねえか、というツッコミもありがたく頂戴します。

ちょっと修理期間が長くなっていて毎日通勤で乗っているとちょっと愛着が湧いてきたのでレビューがてら、ドライブに出かけた、といったところです。

何と言っても視野が狭い感じとシートが硬くて座面高の調整ができないので、1時間ちょっとで腰が痛くなりました・・・。orz

あと個人的にいいなと思ったのは、乗ってるカーナビがKENWOODのもので、リスニングポイントに合わせてディレイがかけられるということ!
そして、アクアのスピーカーもしっかり鳴るし、室内の密閉感があるのでいい感じに音楽を効きながらドライブできたことですね。
これは個人的評価は高い!^^

アクア、自分で買うことはないかもしれないですが、最新(かそれに近い世代)の車に乗る機会ができたのは楽しい。

でも、プレサージュが恋しくなってきました。
早く帰ってこないかな・・・。

 

スポンサーリンク